2000年の介護保険開始時に制度化された施設で、「24時間365日」、少人数(9名単位)の高齢者と馴染みのスタッフで共同生活を送りながら、毎日をご自身のペースに合わせて暮らすところです。ただし、2006年度からは、グループホームを利用するには、ご自身の住所地にあるところへの入所が必要条件になり、住み慣れた街での暮らしを実現しようと、地域密着型の新しい介護保険サービスとなりました。